試験対策のための記憶術

こんにちは、元気ですか!シンゴです。本日は記憶術をテーマにして記事を書くことにしました。先日の記事で私は暗記が苦手で論文試験の論点暗記の対策について、あれこれと書きました。それで、その後に記憶術の詳細を調べてみました。イメージ記憶術は単純な暗記に向いているようです。例えば、日本史や世界史などの暗記科目です。論文試験では、文章から構成される論点を暗記するので、イメージ記憶術は向いていないようです。暗記の対象が大きすぎるということです。他には、試験に受かるユダヤ式記憶術というのがあり、これが会計士の論文式試験にも使えそうだと感じました。ユダヤ式記憶術は試験対策のために開発された記憶術ということで、司法試験や会計士試験、弁理士試験、医学部受験などの難関試験に使えるとのことです。単純暗記ではなく、覚えて長期記憶として保持、思い出して答案作成というところまで、考えられて構成されている記憶術だということです。ユダヤの世界で伝わる生命の樹やカラバというものが関係しているらしいです。専門用語なので、生命の樹とは何か、私には分かりませんが。ちなみに、ユダヤ式記憶術の作者は松平勝男という人です。松平勝男という名前は初めて聞いたのですが、他にもフランス語やスペイン語などの教材も監修している人らしいです。私もユダヤ式記憶術を実践したわけではないので、本当に会計士の論文試験対策に効果的なのかどうかは分かりません。しかし、ユダヤ式記憶術があれば、暗記が簡単にできると期待してしまいますよね。もし、ユダヤ式記憶術を購入して、実践したら、このブログにて体験レビューでも書いてみようかなと考えています。それまで、気長に待っていてくださいね。

論点を暗記する方法

こんにちは、今日もブログ更新です!シンゴです。本日はですね、論点を暗記する方法というテーマで記事を書いてみたいと思います。以前の記事にて、私は暗記が苦手であるということを正直に告白しました。そうすると、論文試験対策はどうすればいいのか、論点の暗記はどうすればいいのかが問題になります。いろいろ調べたのですが、記憶力をアップする方法というのは、いくつもあるようです。まずは、脳に必要な栄養素を摂取するということです。暗記や記憶と関係あるのは、魚に多く含まれるDHAがあります。昔から、頭がよくなると言われていますね。信憑性はどうなのか分かりませんが。あとは頭脳パンがあります。頭脳パンの原料となる小麦粉に含まれているビタミンBが脳に必要なエネルギーを作るのに役立つそうです。こうした記憶力を向上させると言われる食物もあるので、興味がわきます。実際に効果があるかどうかは知りません。あとは、論点の暗記となると、イメージ記憶術や瞬間記憶術などの暗記の技法や技術でしょうか。記憶術というのは、能力開発の分野になると思います。はたして、私にも記憶術が習得できるかどうか不安があります。というのも、才能がある人など特定の人にしかできない特殊技能に見えるのです。記憶術には教材や書籍、セミナーなどがあり、どれがいいのか分かりません。記憶術については、もう少し詳しく調べてみたいと思います。

論文式試験は暗記が重要

こんにちは、今日も暑いですね!シンゴです。こうも暑いと通勤だけで、バテてしまいますね。明日は、うなぎでも食べてスタミナを付けようかななんて思っています。コツコツと会計士になるための勉強を続けていますが、しんどい時もあります。公認会計士になるには、実務経験も2年以上必要ということで、試験だけではなく、いろいろと大変なのです。それにしても、日本公認会計士協会と公認会計士・監査審査会のホームページは分かりにくいですね。会計士の試験科目について知りたいのに、なかなか情報にたどり着けないという。TACや大原簿記のサイトでも見たほうが早いかもしれませんね。会計士試験と言っても、計算科目だけではなく、論文試験もあるのです。論文式試験では財務諸表論や管理会計論 、監査論、企業法などがあります。論述力や思考力が問われるのが論文式試験ですが、得点するためには、論点の暗記が必要不可欠です。特に重要論点は丸暗記している必要があります。もちろん、一字一句も間違わずに正確に記憶していないといけません。適当に書いて、なんとなく当たっているというのでは駄目なのですね。私は暗記が苦手なので、どう攻略したらいいか思案しています。覚えるのに時間がかかるのです。論文の場合、歴史の暗記と違って、覚えるのが文章単位になってきます。暗記のコツも異なるというわけです。さて、どうしたものか。

会計士試験の勉強をしています!

はじめてブログを書きます!シンゴというものです。普段は会社員として働きながら、公認会計士の勉強をしています。モチベーション維持のため、学習日記的なものをブログで書いていこうかと思っています。会計士試験の勉強は大学のときからやっているのですが、学生時代には合格できませんでした。ですので、粛々と働きながら勉強をしているというわけです。現行の会計士試験では、科目合格制が導入されているので、仕事をしながらでも受験が可能なのです。まあ、難易度も高い資格試験なので、仕事しならがら会計士に合格するというのは、これまた至難の業ともいえます。それでも、なんとか勉強だけは継続しています。短答式試験合格と科目合格制は、2年間免除なので、せっかく合格しても、残りの科目の合格に時間がかかってしまうと、また最初からやり直しです。ただ、昔の会計士試験は一発合格制度だったというので、それに比べると試験制度は改善されているのかもしれません。簿記などの計算科目の練習に、論文対策のための論点の暗記などやることが山盛りです。実は暗記があまり得意ではないのもネックなのです。いま欲しいものと言えば、時間ですかね。毎日、ゆっくり寝たいというのが本音です。